FC2ブログ

Photo Gallery

こんにちは。おおが歯科クリニック主任の大賀 恵理子です。

最近感動した小さな患者様のお話をさせて頂きます。

昨年秋、小さなお子様が治療に来られました。
お母様より、他の病院では診療室にも入れなかったと伺っておりましたが
初日から診療室には入ることができました。
結果、それからイスに座って治療に至るまで数ヶ月かかりました。

途中私は、この子はまだ治療を受け入れる事ができる年齢に達して
いないんじゃないか、このままでいいのか、かなり悩み続けました。
そしてその気持ちを今年に入って院長に相談して、まさにその次の治療からです。
その子がイスに座って治療させてくれるようになったのは。
そしてその次の診療日には、笑顔で診療室に入ってくれ、その次は
順番を待てなくて、自分から診療室に入ってしまうほどに。

子供って、納得すると今度は受け入れてくれる気持ちがどんどん
出てくるんですね。
そして、嫌がりながらでも、がんばって、がんばって
そして確実に成長してる。
当院は子供を泣かせてまで治療はしない方針なので
お母様にもかなりの根気を強いたと思います。
子供を信じ、根気良く通院され、見守り続けたお母様は
ほんとに素晴らしい方だな、とつくづく思いました。

そして私も、小さな患者様のがんばる気持ちを大事に受け止め
必ず受けいれてくださると信じ、あたたかく見守っていきたいと
深く思いました。
自分の子供のように。

WHAT'S NEW?