FC2ブログ

Photo Gallery

みなさん、こんにちは。長崎県西彼杵郡時津町 おおが歯科クリニック 院長の大賀弘毅です。
今日は、昨日から眼の調子がちょっとよくなかったので、休日当番医のところへ行きました。
私は、待つことは覚悟の上、本を2冊もっていきました。
しかし、そこでは診察どころか治療もしてもらえませんでした。理由は「別の患者さんに時間がかかるから、他へ行ってくれ」と。私の他に患者1名。とても忙しそうには見えません。他の病院に行けという割には、その病院の案内図もなければ、連絡先も教えてもらえませんでした。確かに新聞やネットをみればわかりますが、この対応はいかがなものかと思い、病院を後にしました。
同じ医療人として、この対応には、とてもがっかりしました。
私は、当院だったらどのように対応しているだろうか?考えてみました。
これと似た状況としてよくあるのことが、飛び込み急患です。当院では、まず拒否はしません。しかし、現在の予約や治療の状況、込み具合をきちんと話ます。そして「お待ちになることができますか?」と必ず聞いています。確かに急激な歯の痛みはなかなか耐えられないことが多いです。待つことができない場合は、当院の近隣の歯科医院や、その患者様の住所に近い歯科医院を知らせております。必要ならば、地図や電話番号を教えています。
病院に来る患者の気持ちになってみれば、不安なのです。その不安を取り除いてあげるのが、私たちの役割と考えています。この病院の今日の対応は、不安を通り越して、不信感を覚えました。
当院は、このようなことを絶対にしないようにしたいと思います。ある意味いい教訓でした。

WHAT'S NEW?