FC2ブログ

Photo Gallery

みなさん、こんにちは。長崎県西彼杵郡時津町 おおが歯科クリニック 院長の大賀弘毅です。
歯石とりや歯のクリーニングといった歯周病治療をしても歯周病は治らない。
そう思われている方はいらっしゃる思います。
歯周病の進行程度にもよりますが、確かに治療には限界があると思います。
私は、歯周病は治すというより、現在のお口の中の歯周病菌を減らし、健康な状態に戻しそれを維持し続けることはできると思います。

以前、歯ぐきの中の歯石とりをどんなにうまくやっても、歯ぐきの検査が良くならない
と言われたことがあります。
もともとのその患者様の歯周病の進行状態にもよるし、衛生士の技術的なことが問題かもしれません。
しかし重要なのは、その患者様のお口の中が健康な状態になっているか、何より患者様が治療に満足しているかだと思います。
歯ぐきの検査値が良くならないから、もっと積極的治療をする。これも患者様が望むならばありでしょう。
でも望まないならば、積極的治療は行わず、別の方法を提案することになります。
それは、定期検診を継続的に受けていただくことです。
でも、この定期検診ですが、定期検診の重要性を患者様自身にわかっていただかないと
いけません。いくら私たちが定期検診の重要性を一方的に話しても、それが患者様に伝わらないと、
その場の口約束になってしまします。このような場合必ず次の検診には来られないでしょう。
私は治療にしても説明にしても、決して自分の自己満足で終わってはいけないことを、あらためて思うようになりました。

以前ある方から、歯周外科などの積極的治療を患者様を説得してまで何故行わないのか?と言われたことがありました。確かに、治療に対する考え方は様々ですが、説得してまでというのが引っ掛かります。
私は治療方法は患者様に提案することで、決めることではないと思います。
その中で自分の考えに合う治療法、しいては医院を選択していただきたいと思います。

今、当院でできる治療と患者様が望んでいることが合っているか、同じゴールに向かっているかを、
患者様やスタッフとも確認していかなければならないとも思います。

WHAT'S NEW?