FC2ブログ

Photo Gallery

みなさん、こんにちは。長崎県西彼杵郡時津町 おおが歯科クリニック 院長の大賀弘毅です。
私の前では、とても興味を引くようなことを話し好感度があがる、またとても熱心に新商品の紹介をして購買力をかき立たせる、
でも私のいないところでは実際にそうではない(嘘だった)といったことがあります。
最近、このようなことに遭遇しました。2年半前に購入した大型器具が壊れました。今年で2回目、通算4回目・・・。
購入前には、「故障の心配はほとんどありません。先生の病院の患者数なら約5年ごとにメンテナンスに出せば問題ありません。大変人気商品ですよ」と説明していたにもかかわらず、購入わずか1年足らずでメンテナンスに出しました。
当院での使い方に問題あるのかと以前相談したら、「いや~先生のところは患者さんが多いですから、壊れやすいんですよ」「先生のところはまだ故障が少ないほうです。」といったことがかえってきました。なかなか上手にいいますね。もうあきれて反論する気にもなれませんでした。信用して購入を決めた私がバカだったんだと思うようにしていますが、今後、このメーカーさんの説明は信用できなくなりましたね。
この他にも、ある会社の担当の方の対応や職員採用のことなどで似たようなことがありましたが、
どうも彼らは本音と建前の使い方を間違っています。
本音と建前は、ある意味、仕事や人間関係の良好な関係を築く上で必要な場合はあると思います。
しかし良好な関係どころか逆に不信感を持つことになるなら、私は本音で話してもらいたいです。
さて、この器械の故障問題は、未解決のまま7月へ突入しそうです。
何とか早期解決を考えていきたいと思います。

WHAT'S NEW?