FC2ブログ

Photo Gallery

11月8日(木)に、西彼保健所において、「平成28年度第二回西彼地区・口のリハビリテーション学習会」が開催されました。これは西彼保健所が主体となり、口のリハビリテーション地域・医療連携事業として要介護者等に対するサービスの充実を図るため、口腔ケア等を実施する人材の育成および口腔ケア等関係者地域連携体制の構築を目的に、数年前より年に3回程度行っている学習会で、その立ち上げや企画に西彼歯科医師会が協力しているものです。
今年は8月に続いて2回目が開催されました。
今回の研修会でも日々、要介護者のサービスに携わる多職種の方々、40人以上の参加がありました。
特に、6つグループで、現在、患者様(利用者)の口腔ケアで困っていること、悩んでいることといった問題点を出してもらい、また現在行っている対応や他の対処法をそれぞれ出してもらい、各班ごとに活発な意見交換が行われました。
今回のように多職種が集う研修会の大きなメリットは参加者が職域を超え「お互いの顔が見える関係」の構築ができることにあると思います。一人の要介護者をサポートする様々な分野のエキスパートたちが互いの連携を深めることにより、質の高い情報交換を行うことが可能となり、そのことが充実した包括ケアにつながります。その意味でも今回の研修会もたいへん有意義なものとなったと思います。
蜀咏悄・点convert_20161110182234

WHAT'S NEW?