FC2ブログ

魁皇引退

 23, 2011 07:07
みなさん、こんにちは。長崎県西彼杵郡時津町 おおが歯科クリニック 院長の大賀弘毅です。
20日、大関 魁皇が引退しました。大相撲史上1位の通算1047勝の大記録を成し遂げての完全燃焼だったと思います。
私は、祖父が大相撲ファンであったのが影響して、子供の頃から大相撲ファンでした。横綱 北の湖・輪島の頃から見ていました。その時代時代で私の好きな力士がいました。若嶋津、朝潮、霧島。なぜかみんな大関止まり・・、しかも九州出身でした。当時霧島関が引退した頃、次は誰を応援しようかなあと思っていた頃、魁皇関に注目しました。
「気は優しくて力持ち」まさにぴったりの力士です。強いんだけど、何故か取りこぼしも多く、それが魅力かもそしれませんが・・・それからずっと応援していました。
私の思い出一番の取り組みは、平成16年九州場所千秋楽、横綱 朝青龍との一番。先場所優勝して、綱取りのかかる場所でしたが、14日目を終わり11勝3負。綱取り絶望的でした。この中、魁皇は朝青龍を渾身の力で寄り切り、ひょっとして昇進かと盛り上がりました。あの時のアナウンサーの興奮した実況も覚えています。あの時は、みんなが横綱へという思いがあった思われます。
結局、昇進は見送られました。横綱になってほしかったけど、なっていたら1047も勝っていなかっただろうなあと思いました。
魁皇関がカド番を何ども経験しながら、また優勝争いに加われない成績を治めながら大関を長くつとめてきたことに、賛否はあると思いますが、私は、魁皇関の相撲に対する取り組み方・考え方はとても尊敬しています。
これからの親方人生にエールを贈りたいと思います。本当におつかれさまでした。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?